🌈にじいろくれよんGO!

奈良県橿原市の大和八木駅近くで児童発達支援・放課後等デイサービスをしている「🌈にじいろくれよん」のブログです。

奈良県橿原市の大和八木駅近くで児童発達支援・放課後等デイサービスをしている 「🌈にじいろくれよん」のすすみぐあいを✅チェックしてもらうブログ

毎週水曜は、療育関連「完璧主義について?」

水曜日は「療育関連」で、にじいろくれよんをお伝えしたいです!

今回は、完璧主義についてです。

f:id:nijiirokure4:20220321124921p:plain

課題やってるときに、テープを貼り間違えたとかで紙の部分が剥げてしまうとか、失敗すると子ども自身が一気に凹んでしまうときってあるよね。

そうそう、完璧に完成させることが出来なくてね。

そういう時って、ファミコンのリセットボタンを押すように、作品をグシャッっと押しつぶしたり、フリーズしたり、やる気がなくなったり、混乱したりするよね。

みんなするんじゃない?

でも、立ち直りがなかなかできないんだよ。

そんな時どうするの?

もちろんどうしようもないよね、そうなってしまうと。
色んな言葉をかけても、ドラゴンボールのポッドみたいに、閉じてしまってるし、意味ないね。

f:id:nijiirokure4:20220321123707p:plain

でも大丈夫だよって言うてあげたくならない?

それが一番ダメなんだと思うよ。
何をもって大丈夫なのかさっぱりわからないし、心配ないよとかの声掛けもただの雑音でしかない。

うーん、難しいけど、そういう時もあるかも・・・。

完璧を求めようとすることはいいことのように思えるけど、これから生きる上で完璧にできないことの方が多いからなぁ。

失敗だらけだもん。

そこで、その失敗を製作途中の一過程(プロセス)ととらえ、自分自身で切り替えていけるような方向へもっていきたいよね。

プロセスチーズってことなぁ・・・。f:id:nijiirokure4:20220321125151p:plain
ナチュラルチーズに出来たらいいのになぁ。

妄想はおいといて・・・、
本人が完成までに持っていくには、失敗や間違ったあと、どうすればいいのか?ってことを考えることが重要だよね。

それはわかるけど、じゃあどうしたら出来るの?ってことが重要だよね。

上から目線の言い方、真似せんといて!

はいはい、とりあえずの考えられる対処方法教えてよ。

完璧主義に関しては、色んな本に書かれてもいるけど、今思いつくのはこんなもんかなぁ。

対応方法

🔵周りから、こうしたらいい、こうではダメなの?、それで大丈夫、などの言葉かけは、本人の完成度の基準から合わないので逆効果になりうるので、言わない。

🔵言葉のウラ(気にしなくてもいいよ➡じゃあ失敗だったんだ)ととってしまう可能性があるので、慰めることが最善とは限らないことに注意する。

🔵複数の選択肢(クローズド)を提示し、本人に選ばせることで、製作途中という意識を持ってもらい、完成への達成感を味わう。

🔵失敗からのリカバリーを実際ハンズオンが見せてから、同じことをやってもらうという方法も可。

当たるも八卦、当たらぬも八卦。
子どもたちのレジリエンス力を養えるように支援していきたいね!

レジリエンス!
ぼくより難しい言葉使うとは!😥